オンラインカジノは信用できるのか?仕組みを理解して確認しよう

日本では「オンラインカジノ」の認識はまだあまり無いかもしれませんが、海外では大人気で「オンラインカジノ」は2,000以上のサイトが世界中にあると言われています。そのためにお金を騙し取ろうとする悪質サイトがあったり、イカサマで客に勝てないようなシステムになっているサイトがあるのは事実です。ですが、そんな悪質なサイトばかりではなくちゃんとしたサイトも多くあり楽しむことができるのも事実です。

今回はそんな悪質「オンラインカジノ」に騙されないようにプレイする前に確認しておくべき点をご紹介いたします。

5つの関係性

「オンラインカジノ」をプレイする上で関係性を覚えておいた方がいいでしょう。

・プレイヤー

お金を賭けてゲームをする人になります。

・運営会社

オンラインカジノを運営している胴元となる企業になります。

・決済会社

お金のやりとりをカジノからプレイヤーに直接するのではなく、委託を受けて決済してくれる会社になります。

・ソフトウェア

ゲームをするためのソフトウェアを開発などをしている会社になります。

・第三者機関

運営会社の不正が無いかを監視をしてくれている機関となります。

この5つがあり「オンラインカジノ」が成り立っています。一つ一つ詳しく説明していきます。

運営会社

運営会社もたくさんあり、上場しているような巨大企業もあればどこがやっているのかよくわかないような「オンラインカジノ」まで存在しています。

ちゃんとした運営会社の場合はスポーツチームのスポンサーをやっていたり、TVCMをやっていたりしています。ですが、日本ではCMがやっているのかを確認するのも難しいと思います。

そのためどこで運営会社を見極めればいいのでしょうか?それは「ライセンス」です。

ライセンス

海外でも「オンラインカジノ」を運営するときは国から発行される「ライセンス」が無いと違法となります。

まずは「ライセンス」を持っていない運営会社は違法となるだけではなく、出金されないやイカサマなどのトラブルに巻き込まれることもあります。

では、「ライセンス」がある運営会社は全て安全なのかというと、残念ながらそうではありません。国によっては「ライセンス料金」を納めるだけで発行できるような国まであるからです。

ライセンスが取得が厳しい国

・イギリス(UK)

・マルタ共和国

・ジブラルタル

・マン島

・アイスランド

・オルダニー島

・キュラソー島

上記の「ライセンス」を取得している運営会社はまず安心と言えるほど信用のある「ライセンス」となります。

第三者監査機関

「ライセンス」の取得が難しいとはいえ、取得したあとは自由にされたらプレイヤー側としたら信用ができなくなってしまいます。ですが、正規で運営している会社は第三者監査機関を入れて、不正が無いかを常に監視してもらっています。

法的に必須では無いため信用のために第三者監査機関を使って、運営会社とソフトウェアの両方を監視してもらっています。

代表的な監査機関

・eCogra

・TST

eCograはプレイヤー保護のためのNPO団体で「一発で合格できる会社は無い」と言われているほど審査項目が多く、eCograが監視しているサイトはまず安心してプレイすることができると言えるでしょう。

ソフトウェア

運営会社がゲームシステムを作っている訳ではなく、ソフトウェア会社が作り運営会社に提供しています。運営会社に不正がなかったとしてもソフトウェアに不正がありどれだけやっても公平なゲームができないなどになってしまいます。そのためにソフトウェア会社にも信用できるところというのもやはりあります。

ソフトウェア会社

・Microgaming(マイクロゲーミング)

・Playtech(プレイテック)

・NETENT(ネットエント)

この3つはとても有名で、マイクロゲーミング社は業界No,1と言っても過言ではありません。独自の基準を設けており、信用のできる運営会社としか契約はしていないということと、契約するのに必要な資金が高額のため契約している運営会社は信用もあり資金力のある会社ということになります。

決済会社

決済会社や入出金については別ページにて詳しく説明していますのでそちらをご覧ください。

まとめ

「ライセンス」を取得していない「オンラインカジノ」は海外でも違法となるために絶対に手を出してはいけません。トラブルに遭いお金を騙し取られて逮捕されるということもあるかもしれません。

プレイをする前に必ず確認しなければいけない点ということがありますので確認してから登録&入金するようにしてください。